そばかにのゴミブログ

ブログです。

今話題の早生まれ 自分はどうだったか

どうも。早生まれ人間です。

 

東大の教授?が早生まれが不利という研究結果を発表していて、話題になってるらしいですね?英語読めないので論文には目を通してません。話題のツイートにもろくに目を通してません。

 

自分が早生まれでどうだったか、どうなったかだけ書きます。

 

まず運動についてですが、これは本当に運動そのものが今でも嫌いなくらい差がありました。小学校低学年で一番重要(?)な足の速さは後ろから数えたほうが早いし、背丈もほぼ先頭。ドッヂボールなどのチームでやるものも毎回足を引っ張っていたので特に運動については一度も人に勝ったことがないくらいでした。

 

苦手意識を持ったまま高校生になったのですが、高校1年生の時の体力テストでもしかしたら本当は人並みには出来るのではないかと感じました。運動を継続してやっていないとどうしようもないシャトルランと上体起こし以外の種目で人並みかそれ以上の数字を出すことができました。

 

先に書いた通り運動は苦手だったので学校の体育以外では一切していませんでした。追いついたのがいつなのかはわかりませんが、最低でもこの段階で追いついていたのだと思うと今まで苦手だと思ってきたのは何だったんだろうって気持ちになりましたね。もちろん能力だけ追いついても経験やらなんやらが必要な球技等は全くできませんでしたが、それでもやれるだけの能力はあったのだと思うとなんかスポーツやってたらなぁってすごく後悔しています。

 

勉強については特に遅れを感じたことがありませんでした。これはラッキーですね。地図とにらめっこしたり、子供向けの辞書を毎日読んでたりと変な幼少期を過ごしたおかげだと思っています。これについては周りの大人に感謝してます。今勉強できなくなってるけど…。

 

これだけだと何てことないんですけど、これが原因で色々傷やらダメージやらを負って情けないことにいまだに引きずってる部分があります。

 

早生まれが原因っぽいことで一番重かったのがいじめですね。未だに人が怖いのもこれの影響だと勝手に思ってます。自分そのものを人に出せません。どんなに仲良くなっても自分の知らない自分でしか人に接することができず、壁を張ってしまいます。こちらが壁を張っているのに自分自身は勝手に壁を感じるし。この呪いはどうやって解けばいいんだろうなぁ。

 

それと同じくらい努力する土台ができていないことが大きい気がします。子供の頃は運動ができないだけなのにすべてのことで劣っているような感覚さえしていました。対人で何かに勝利した経験がなく、未だに努力をすることができません。努力したとして結果に結びつくイメージが一切つかないんです。

 

思うところがあって乱雑に色々書いてしまいましたが、自分の経験としては以上です。色々な後遺症らしきものが残ってしまった感じです。多分自分はマイナス方向に極端なデータなので強くは言えないんですけど、経験上は早生まれは不利だと感じてます。

 

早生まれになってしまったらどうしたらいいのか、これは親や周りの大人がフォローするしかないと思ってます。子供だけの力じゃ絶対超えられないと思う。

 

もちろん早生まれ=”能力が劣ってる”わけじゃないし、自分みたいな感じになるわけじゃないんですけど、劣っている確率自体は高いと思います。自分は常に同年代と比較されて劣っている劣っていると言われ続けていたので(特に運動会の日は辛かった)こうもひん曲がってしまいましたが、人と比べない、比べられる環境にはなるべく行かせないことが大事かな~って思います知らんけど。子育てしたことなんてないのでわからないんですけど。知らんけど。

 

これから生まれる、育っていく早生まれが一人でも自分のようにならないことを願うばかりです。 終わり

 

 

改めて読んでみるとマジでぐちゃぐちゃで笑うけど、このぐちゃぐちゃな感じも今の自分なのでまあいっかって気持ちでこのまま公開します。後悔!w